【ももの旅立ち】





いつも応援ありがとうございますm(__)m


にほんブログ村 犬ブログ ロングヘアードダックスフンドへ


brogP6114778.jpg
 

みなさまのお祈り、応援

本当に本当にありがとうございました


ももの容体が急変してから

ブログやSNSに書くことができず

永眠してからも、何度か投稿しようと試みましたが

泣けて泣けて、苦しくて苦しくて、できず

ようやく涙せず、文章を書ける状態になりましたので

詳細をご報告いたします。

遅くなり誠に申し訳ございません。

ただ、やはり書いては辛くて中断し

書いては中断し、を繰り返しましたので

文章が支離滅裂な長文になっています。


また、内容が内容ですので、ご気分悪くされる方もいらっしゃると思います。

どうぞ、そういう方はスルーしてください。






術後、悪性血管肉腫の告知後も

食が細くなり、一食抜くことも度々ありましたが

走るし、喜ぶし、ほとんど発症前と変わらない生活を送っておりました。


半年後の生存確率10%

ももは、必ずその10%に入られるだろうなぁ~と

彼女の元気な笑顔を思うと、そう信じざるをえませんでした。


でも、先生の

「血管肉腫は急速に腫瘍が大きくなる場合もありますから
様子の変化には気を付けてください。」

という言葉がいつも脳裏をかすめていましたが。。。


10/6木曜

その日は、朝から食欲が旺盛で

台所で準備していると、小躍りして喜んで

ペロっと食べちゃいました。

はるは寝ぼけて食べそうになかったので朝はやめて

お昼過ぎに、はるの分を準備していると

ももが又食べたがるので

またアミノペプチド5g、湯がいたキャベツ一握り、ムネ肉20gを用意しました。

それも、ペロっと食べたので

対策のサプリやケミカルスープが効いてきて

このまま元気になっていくものと、今度は私たちが小躍りしました。



でも、その夜は別犬のように食欲が無くなり

トッピングしたササミ20gしか食べませんでした。

この時は、お昼食べすぎたから食欲出ないんだ!と気楽に考えてました。



10/7金曜

食欲が無さそうなので、ケミカルスープを注射器で飲ませました。

すると、少し経つと、それを吐いてしまいました。

夜も、トッピングしたササミ肉20gくらいとアミノペプチド2粒、キャベツをちょっとだけ

そして、サプリのコルディMは、ヨーグルトに混ぜて何度か与えていました。




10/8土曜

やはり食欲なく、夜にレバーの缶詰めをスプーン一杯だけ。。。

ケミカルスープや、サプリを食べさすためのヨーグルトは食べていたものの

2日まともに食べていないので、少しふらついて歩くようになりました。

先生には
「一食や一日、食べない事は多々あると思うので、一喜一憂せず
2日食べなかったら、また来てください。」
と前回の診察の時に言われていました。



10/9日曜

午前中に病院へ

吐き気止めや胃の薬を調合した点滴を打ってもらい

「点滴はあくまで補助ですので、やはり口から食べないと体力が持ちません。

あんこでも何でも良いから食べさせてください。」

犬用の粉ミルク、流動食

あんこ、シュークリームなど、とりあえずいろいろ買ってみました。

でも、どれも口にせず

粉ミルクと流動食を、一回では5gくらいしか飲まないので

2時間おきに与えました。

でも、水だけは自分で立って歩いて飲んでくれました。



10/10月曜

やはり食欲なく、2時間置きの流動食のみ

水が欲しくて、前まではフラフラ歩いて行くのですが

かがんで踏ん張る力もなく、水の前でフセの状態に

口の前に水を持っていっても飲まず

指につけて何度か口を濡らすとペロペロしだし

思い出したように自分でボウルの水を飲む、というような状態が続きました。

この時点では、口には出せなかったけど

「もう覚悟しなくては」と思ってしまい

そう思った自分に腹が立って

でも一方で、奇跡が起こることを願っていました。




10/11火曜

この日も固形物は一切口にせず

流動食も褒ないと飲まず、口の中に溜まった状態で。。。

ももは、「良い子!すごい!えらい!」と褒めると

嫌な事でもするので、褒めちぎって流動食とスープを。。。

イタイ、気持ち悪い私の声かけが入っている動画です。




もう、このころには表情も虚ろで。。。


のりは、嫌がるのを無理やり飲ませるのが可哀そうで辛く

でも、口に入れなければ、このまま。。。という葛藤に。。。


ももの体調が悪くなってから

夜は、2Fのリヴィングに布団を敷いて、横にトイレと水置きをおいて

のりももと一緒に寝ていました。

スペースの問題で、私は一人寝室のベッドで就寝


この夜、のりが言いました

「今晩、あなたも一緒に寝る?」


でも、ソファもテレビ台もテーブルもある部屋なので

僕の布団を敷くスペースはどうしてもなく、やはり寝室で寝ました。





10/12水曜

何故か5:05にハッと目が覚め、2度寝しようと思いましたが

目が冴えて寝られず、リヴィングのほうに行ってみると

のりも起きていました。

彼女は、もう2日まともに寝ていず

ももが急変したらすぐに対応するようにしていました。

というか、心配で寝られなかったようです。



「どう?」

のり「分からない。寝ているような息なんやけど、目はずっと開いてる。」




私は1Fに降りて、早い朝食をとってコーヒーを飲んでました。

すると。。。。。6:05頃

階段の上から

少し震えたような、か細い、でも朝の静寂に響くような声で、妻が

「しんちゃん!」



その声で全て察し、全身の血が引き。。。続く言葉が

「もも、息してないかも!」



慌てて階段を駆け上がりました。。。

なんかね、嘘みたいですけど

10数段の階段を上る数秒の間が、なんか何十分にも感じました


リヴィングに入ると

目を開いたまま、少し口を開けているもも

胸やお腹を触りながら、口に耳をつけ、胸に耳をつけ

息をしてるか、心臓が動いてるか、

もも!もも!

と叫びながら確認しましたが



ダメでした。。。





寝ていない妻が少しウトウトした時

一瞬ももの息が止まったと感じ

その後、ふーっと大きく吸ったのか吐いたのか分からない音がして

ハッと目を開けて横のももを見たら、息をしていなかったそうです。。。




早朝なのに、古い木造の我が家は外に声が漏れるのに

大声で泣きました

駄々をこねる子供のように泣きました

どうしようもできない出来事に

歯がゆく、悔しく、辛く

もも、もも、と叫びながら

やり場のない感情の吐き出し口を求めて

何度も何度も自分の太ももを殴りました。


のり

「ずっと横に居たのに、一人で逝ってしまったね ごめんね。」

一瞬でも寝てしまった自分を責めながら、泣いています。



後から思えば逝く瞬間を見せたくなくて

のりが眠る時を待ってたような気がします。





30分ほど、泣き続けた後、ももを1Fの部屋に




半月ほど前に、私とのりの仕事の予定を調節し

12日と14日は、二人とも商談や仕事を入れず休みにして

12日は、水辺が好きなももの為に、るり渓に行くことにしていました。

14日は、ももが好きだった丹波の森公園に出掛ける予定でした。


なので、12日、その日は一日中

ももの頭や体をなでながら過ごしました



お腹の辺りはずっと温もりがあり

見つめていると息をして動いたように見えるときがあって

「今、息をしたかも!!」と。。。

硬直が始まっても、まだ仮死状態でなでていれば蘇るかも。。。



でも、生き返ることを望みながらも

「ありがとう」という気持ちにはまだなれず

後悔の念ばかりが湧き出て、それを否定して、の繰り返し。。。


手術の前に、CTスキャンをしたほうが良かったのか?

いや、そんなことはない。。。

もっと高度な医療機器のある病院で手術した方が良かったのか?

いや、お世話になった先生は最善をつくしてくれた。。。

そもそも、発覚後、一カ月半で逝ってしまうのなら辛い手術がしなかったほうが良かったのではないか?

いや、手術しなければ、もっと短かったかも。。。

抗がん剤治療を受けたほうが良かったのか?

いや、ももがもっと辛かったはず。。。



もっと抱いてあげればよかった

もっと撫でてあげればよかった

もっと遊んであげればよかった

もっと、もっと、もっと。。。


ももの頭は、まだ好きな香りのままです


葬儀は、実家のニャンコ、シンバや

ご近所の友達ワンが眠るお寺の葬儀屋さんにお願いする事にしました。


ただ、翌13日は予定がいっぱいで

式は14日になりました。


一日でも長くももと一緒に居たかったので

私は内心喜びましたが

のりは、遺体に変化がないか心配。。。

せっかくキレイな状態で逝ったのに

一日長くなることで、それが変化する事が怖かったようです


血管肉腫は、最後ひどい状態になる子もいるらしいけど

本当にキレイな身体のままで、普通に眠っているような状態だったんです。

やはり、女の子だったので、見た目が酷くなる前に逝きたかったのかもしれません




その日は泣きながら一日過ごし

のりは、生前と同じようにももと一緒にリヴィングで寝ました。



13日木曜

やはり涙は止まりません

でも、24時間経って、やはりのりの恐れていた変化が少し起こりました。

閉じない眼に、少し変化が。。。

大好きな頭の香りも無くなり。。。

もう2度と見られないのは辛いと思ていましたが

少しでも変化が出てくると、早く荼毘に付してあげる方が良いと思えました。

この日は、仕事を入れていたので、一日中そばには居られなかったけど

出来る限り一緒に居て撫でていました。

前日は、異変を感じながらもももに近づけなかったはるも

この日は、ももに寄り添うように眠ったり、クンクン匂ったり。。

「なんで、ずっと眠ったまま動かないの?」って言っているようでした



14日金曜

朝9時に葬儀社さんが迎えに来てくださり

はるは実家の母に預けて、二人で行きました

ももが好きだったキャリーバックに入れて

好きだったぬいぐるみ、洋服、タオルと一緒に。。。


京都と大阪の境の山奥で荼毘に付されました



ようやく後悔の念より

ありがとう、という言葉の方が多く出るようになってきました



3か月前には、こんな事になるとは夢にも思っていませんでした。

8/24 急に食欲がなくなり 

8/26 検査での疑いあり

8/30 脾臓摘出手術

10/12 永眠

なんて早く逝ってしまったのか。。。

ももは、女の子なのに骨太で筋肉質で

根拠なく長生きして、逝く時は老衰だと思っていました。

何年もかけて弱くなっていって、最後は眠るように老衰でと。。。

だから、なんの心の準備もなく

まるで交通事故で奪われてしまったかのような心境です

でも、実際彼女自身が辛かったのは最低限の時間だったことが救いかもしれません



また、はっきりした原因が分からない血管肉腫ですが

遺伝的に決められている染色体上のDNAの配列が関わっていて

遺伝的要素が大きい事が分かってきているらしいです。

自分たちの行動、フードや育てた環境が主な原因ではないと知って

少しは心の枷が軽くなりました。。。辛さ、寂しさ、悲しさは変わりませんが。。。




5日が過ぎて、悲しみよりも感謝の気持ちが大きくなってきたら

ももの事を考えても涙が出ない時間が多くなってきました

本当に暖かく優しい子で、いつも癒してくれました。


12日に逝って、14日に荼毘に付して

まるで、私と妻の休日に合わせたように逝きました

「最後の最後まで手のかからないコだったね。」

のりが言います。



ももの分も長生きしてもらうために

はるは、大好きなお散歩にかかさず連れて行きます。

でも、いつも一緒だったももがいつ来るのかと常に振り返っています


15日土曜も、ももとよく行った京都御所に行きましたが

はるは、いつもももを探しています

ももが居ない事がストレスにならないよう

精一杯の愛情で包んではると暮らしていきます




もも
と暮らせた13年と3カ月は、本当に幸せな日々でした

よくある言葉ですが

居なくなって初めて、一緒にいた普通の日々が幸せだったと感じます


彼女が居たから、洋服のショップを始めました

そのお蔭で、お客様や友達やたくさんの方と出会うことができました

彼女に出会って、私の人生が変わったと言っても過言ではありません


本当にありがとう


魂の世界には、時間も空間も関係ないと思っています

ももは空に行って、天国に行って、虹の橋に行って

シンバやたくさんの友達と楽しく暮らしているでしょう

でも、私たちのすぐ横にもいると信じています

いつまでも一緒です


Together、Forever




最後に

ももの回復を祈っていただいて

本当に本当に本当にありがとうございました

来年の桜を見る事はできませんでしたが

ももも本当に感謝していることと思います。

皆さまとワンちゃんの健康を願いながら。。。

ありがとうございます
























































 

  人気犬のランキング、チェックしてみて下さい  










ダックス洋服☆最新情報&。。。京都な日々">ダックス洋服☆最新情報&。。。京都な日々

関連記事

tag : ダックス 京都 洋服 ダックスフンド 血肉腫

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Together、Forever

Together、Forever とても気に入ってすぐに購入しました。
うちは雄ですがチョコダップルとブラックタンなので、いつもはる&ももちゃんのモデルを参考にしていました。今回もももちゃんのオレンジがブラックタンによく似合うと、速攻オーダーしました。
私にとってはかわいい二人のモデルさんがそのままうちの犬のイメージでした。

あまりにも突然のことで驚いております。
私がいうのもおこがましいのですが、ももちゃんは皆さんのいる大好きなお家で大好きなお母さんがそばにいて、きっと安心して旅立ったような気がしてなりません。
お友達のダックスが入院先の病院で一人で息を引き取ってしまったと、最期にそばにいれずにとても悲しんでいらした方がいました。

一緒に過ごしてきた大好きなお家で大好きな人のそばで…
老犬と一緒にいる私には思い描く理想です。その時は絶対そばに居たいです。でもそれが叶うかは分かりません。

皆さんに大切にされて、全うしたももちゃん。
こんな遠い所にいる私たちにまで幸せをくれていましたよ。
ありがとう。

心よりお悔やみを申し上げます。

Re: No title

ありがとうございます。

なんとか泣かずにももの話をできるようになってきましたが
やはり、時々大泣きしてしまいます。

今は一緒に暮らせた13年に感謝しています。

Re: Together、Forever

ありがとうございます。

遺作になってしまった商品ですが
大事にしまっておこうと思っています。

そんな風に言って頂いて、ももも喜んでいると思います。
本当に幸せな子でした。
天国でもみんなに可愛がってもらっていると思います。

本当にありがとうございました。
プロフィール

のり&しんじ

Author:のり&しんじ
毎日、お洋服のデザイン&製作に追われながら
最愛のもも&はると素敵な時間を過ごしています♪

愛する家族の為に







当店リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ランキング





カテゴリ
楽天ショップ
登録サイト
にほんブログ村 犬ブログ ロングヘアードダックスフンドへ
にほんブログ村 ブログ 人気ブログランキングへ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード